FC2ブログ

コミュニケーションを デザインする。

 

変わらなければ、おもしろいことに出合わない。 

変わらなければおもしろいことに出合わない。

2013年4月1日何故か気持ちのいい数字の並びです。特に何かアピールしているわけではないと思いますが、私には「CHANGE!」とアピールしているように思えてなりません。「CHANGE!」変わらなければ。自分ひとりが変わり続けることは自分自身の中では差程困難なことではないですが、同じプラットフォームにいるキャラクターに同じベクトルに向かわせるのはパワーのいることです。成功している人や経営者は「時間がない。時間がない」と愚痴っている人とあまりお会いしたことがありません。巷では「時間がない。時間がない」とワーワー騒ぐことが「忙しい。忙しい」とさらにネガティブにパワーアップしているような言葉が、そこかしこから聞こえてくる時期になりました。それでは変わることなど程遠い話です。時間は当事者が止めない限りそのままどんどん進んでいきます。いずれかのタイミングで変わらない限り、みんなの時間は決して今まで以上には増えないことは明らかです。

時計

最初の日、親方のところへ挨拶に向かうと、
親方は斧を一本手渡して森の一角を割り当てた.

男はやる気満々で森に向かい
その日一日で十八本の木を切り倒したのだった
「よくやったな」と親方は言った。「この調子で頼むぞ」
翌朝は誰よりも早く起きて森に向った。
ところがその日は努力も虚しく十五本が精一杯だった。
「疲れているに違いない」そう考えた木こりはその日、
日暮れとともに寝ることにした。

夜明けが来ると十八本の記録を超えてやるぞ、
と心に決めてと床を出た。
ところが十八本どころかその半分も切り倒せなかった。
次の日は七本、そのまた次の日は五本、
そして最後には夕方になっても二本目の木と格闘していた。

何と言われるだろうとびくびくしながらも、
木こりは親方に正直に報告して、
これでも力のかぎりやっているのです、と誓った。
親方は彼にこう尋ねた。
「最後に斧を研いだのはいつだ?」
「斧を研ぐ?研いでいる時間はありませんでした。木を切るのに精一杯です」


この寓話はいろいろなシーンで聞く話です。新年度を迎えるにあたって様々な戦略上の議論が日本どこへ行ってもワーワーやっているだろうとイメージできます。戦略や戦術そして企画を考えられない。という人は、決まって、「売上を上げるために、日々の営業でそんな時間がない」と言います。いつも思うのですが、何か?事の考え方というか進め方が違うような気がします。時間がないから企画を考えられないのではなくて、的確な戦略や戦術そして企画が構築できていないから時間がない(時間をつくることができない)のだと私は考えます。このようなことを詭弁だという前に、その時間がないという本質を理解できているかどうか考えてみてはいかがだろうか。2013年は事業戦略においても大きな転換期を迎えるだろう思います。業界においても大きなパラダイムシフトが確実に訪れます。また予測できないメディアの変容も考えなければなりません。ここでご紹介した寓話を「わかる。わかる」と受け止めるよりは「かわる。かわる」!と自分自身に言い聞かせてはと考えます。「変わらなければ」と。「変わる」ためにはこの寓話の本質を理解できるよう、まずは変わらなければ!と。

斧をしっかり研いでいますか?
進化

仕事は生き方そのもの。矜持やね。

もうひとつ寓話を思いついてしまいました。仕事への関わり方を今一度考えてみてもいいのではと思います。忙しさにかまけて「変わる」ことを重要なことと考えられなかった。そして、人間として仕事へ関わることの矜持、やはり仕事とは自分自身の生き方そのものではないかと。

道具

教会の建設現場の前を通りかかると
二人の石職人が、石を削って石を積んでいました。
そこで、一人の石職人に聞きました。
「あなたは何をやっているのですか」 と
するとその石職人は、
不愉快な表情を浮かべて、答えました。
「この暑い中に忌々しい石と悪戦苦闘しているのさ」 と。

そこで、もう一人の石職人に、同じ質問をしました。
すると、その石職人は、表情を輝かせて答えました。
「私は多くの人々の心の安らぎの場となる
素晴らしい教会を創っているのです」 と。

そんな生き方、仕事していますか?
スポンサーサイト



category: 雑話雑感

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ldash.blog.fc2.com/tb.php/10-e065adfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード