FC2ブログ

コミュニケーションを デザインする。

 

もう一度リアルな「BA」を組み立ててみたくなった。 

矜持

皆さん各地から遠路はるばるお疲れ様です。今回、NW合同研修会には、自主的に参加を申し入れた方や、無理やり、一方的に、上司から会社から、行ってこいと言われ、イヤイヤ参加した人や、予想通りいろいろなモチベーションが混在しているように思います。まさにカオスの空気が漂っています。それほどいい意味にも悪い意味にも考えても意味がないことだと思います。しかし、折角の機会ですから、これは誰かに伝えたい、伝えなければ、というようなことを、何か一つでも、それぞれにお持ち帰りいただければ幸いでございます。

今日はいろいろなことをお伝えしたいのですが、時間の都合もございますのでひとつふたつどうしてもお伝えしたいことだけにしておきます。それと、これだけは、お願いしたいことですが、最近ネットワーク間の関係が非常に希薄になってきているような気がします。断っておきますが関係の深さは各々が判断すべきで、一刀両断に希薄だとは断定できるものではありません。しかし、今回このような機会を与えてくださったNW担当の皆さんのご苦労にお答えできるよう、この研修にご参加の皆さんは、この研修が終わってからも、それぞれが継続的にコミュニケーションし、次世代のビジネスにおいてネットワークパワーを今一度発揮できるように、また、ネットワークがさらに強く繋がるための二日間にして欲しいと思います。

西田社長

皆さん、仕事への「矜持」を、もっていますか?
仕事への関わり方がこれでいいのだろうかと。考えることがあります。


私がこの業界に入ったきっかけは、私の敬愛する杉山登志というクリエイターの生きざまに触発されてのことでございます。杉山登志はテレビの草創期から数多くのCMを制作し国内外の賞を総なめにした天才CMディレクターと言われた人物です。しかし享年37歳で自ら命を絶ちました。その時に残された遺書がきっかけとして、私の生き方そのものや仕事への関わり方に大きな影響を与えました。※1973年12月12日自宅マンションで首を吊って自殺。

リッチでないのにリッチな世界など分かりません。
ハッピーでないのにハッピーな世界など描けません。
夢がないのに夢を売ることなどは……とても……
嘘をついてもばれるものです


というクリエイティブに真摯に取り組む姿勢というか、まさしく仕事に命をかけた言葉だと思います。※残念なのはそれが遺書だったということですが。

私自身、コピーライターとして数年、プロダクションのクリエイティブの現場にいました。紆余曲折を経て、縁あって現在の会社に入社したのが30年前でございます。この業界で目的をもって仕事に邁進しようと決意させた杉山登志の遺書が、私自身の仕事への「矜持」をいつまでも持たせてくれています。まずは皆さん、矜持と言う言葉をご存知ですか?聞いたことがないという方も多くおられるかもしれません。辞書では自信と誇りというようなことを書かれています。しかし、私自身も皆さんに矜持と投げかけたものの、しっかり意味を説明しなさい。と言われても説明できそうにありません。と言うより説明できません。と、はっきり申し上げておきます。とりあえずは辞書通りの解釈でもいいかと思いますが、私自身はもっと大層に思っていて、自信と誇り?そのような言葉で片付けられるものではないだろう!死ぬまでにきちんと説明できるだろうか?とも思っています。しかし説明できないにしても、これが矜持か!みたいなものは実感できる時がくるものと思って日々精進しています。自分自身も含めて、弊社の社員も、杉山登志のような「矜持」をもって仕事に向き合っているだろうか?別に押しつける気持ちは毛頭ありませんが。皆さんはいかがでしょうか?皆さんの周りの方もいかがでしょうか?今、あらためて、自分自身に問い直してみてはいかがでしょうか?

リッチでないのにリッチな世界など分かりません。
ハッピーでないのにハッピーな世界など描けません。
夢がないのに夢を売ることなどは……とても……
嘘をついてもばれるものです



皆さんの仕事の「可能性」を語れますか?
仕事がマンネリで面白いクライアントに出合わない。
そんなことに直面したことありますよね。


可能性

私はもともと大阪生まれの大阪育ちで、30数年前、和歌山での仕事は、新参者としてのスタートでした。私見ですが、保守的で排他的な和歌山、しかも縦横の結びつきの強さ、しかも、新参者は誰もがそうですが、地理的に不案内、しかも営業経験のない私はどうすればいいのか?誰もが経験することだと思います。私自身非常に考え込んだ時期もありました。そこで考え込んで、そして気付いて起こした行動が、大きな通りの誰もが出入りする「道路沿いの営業」ではなく、通りの裏や町の裏?誰もが営業には行こうとしない不毛のエリアに見えるところ?適当な言い方が思いあたりませんが、あえて言うと「道路沿いの営業」に対して「溝沿いの営業」でした。誰もが手をつけていない、つけようとしないクライアント、広告慣れ(広告への距離が遠いと思いこんでいるクライアント)していないクライント、話を最後まで興味深く聞いてくれるやさしいクライアント、営業的には道路沿いのレッドオーシャンに対してブルーオーシャン状態だったような気がします。中小のスーパーに営業に行った時は、「社長はおられますか」?「社長は裏の田んぼで草むしりしているよ」!というような調子で、企画書を田んぼの畦道で見せながらの営業が始まります。道路沿いの先輩方が行う応接間のソファーでの営業ではなく立ち話の営業がほとんどでした。逆に手振り身振りを大きく使えるので、逆に説得力があったのかもしれませんが!奏功して「溝沿いの営業」で得たことは大きかったように思います。例えば、道路沿いのクライアントに対して、溝沿いのクライアントは成長度が高く、事業に対して前向き、チャレンジ精神もある、何よりも夢をもって情熱的。ですから広告のプランの組み立てをお互いでブラッシュアップしていける、そしてそのブラッシュアップするプロセスがまたパートナー意識を高め、信頼関係を深める。自然とお互い親密な長いお付き合いのできる関係づくりができたりします。皆さん!飛び込み営業でクライアントの玄関先で会社やお店の面構えを見て踵を返していませんか?そして自分自身で仕事やクライアントの可能性を見限ったりしていませんか?非常に無責任なことだと思いますが。

皆さん、仕事の「点線面」を描けますか?
仕事の拡がりや深みを生むにはどうしたらいいか。
ぜひ考えてみてください

クミアワ

少し手前みその話になりますが、リビング新聞の営業を通してずっと意識していたことがあります。仕事に関わる「ヒトモノコト」すべてを「点線面」で結びつけて大きく広げよう、そしていつも意識して「ヒトモノコト」に「点線面」の戦術をもって深厚拡大する営業!その事例の一つとして「溝沿い営業」から某大手美容関係のクライアントの「CI・VI」の策定とすべての広報プロモーションを総括的にプロデュースしたことがあります。当然、外へ向けてのPRやブランディング、また内に向けての人材研修を含めたインナーブランディングすべてのことプロデュースしていました。
てんせんめん

また某大手公益事業関係では、当然、溝沿い営業ということではないですがヒトモノコトへの「点線面」営業としてうまくいった事例がございます。紙面のちょっとしたスペースから1P・2Pそして4P、最終的には8Pへと営業拡大でき、8P広告がシリーズ化していたこともございます。因みにその頃はそのシリーズの8P紙面のコピーも書いていました。そのような食い込みもあって、ほとんどのイベントや制作物全般もプロデュースしながら、新聞社として突然変異的には、TVCM総額一億円近い予算のプレゼンも大手広告会社など競合他社をおしのけ獲得したこともございます。決して自慢話ではございません。「ヒトモノコト」でつくる「点線面」の戦略の話をさせていただいているだけのことでございます。皆さん!仕事で関わる「ヒトモノコト」をその時その時の「点」で終わらせていませんか?それはもっと深く広く関るべきクライントを裏切ることになっていませんか?

JRスペシャル版(下記表紙をクリックすると電子書籍で閲覧することができます)

水を得た魚   雪やまで大笑いした猫をみたことがあるか



皆さん、仕事のリアルは磨いていますか?
今後、紙メディアはどうなるのだろうか?とみんな思っている


釈迦に説法になりますが、今時の話を少しさせていただきますが、メディアの様相が多様化する中、次世代メディアやSNS云々の議論は重要なことだと考えています。我々のクライアントや読者が、ネットメディアやSNSなどを活用して 自由に手軽に情報を発信できるようになりました。 そのことによって、プロモーションやイベントなどへの集客が メディア会社・広告会社と同じように安易に実現できるようになりました。 我々のドメインから言えば、次世代を考えたメディアや広告に対してもっと真摯に深く取り組まなければと考えます。
今、まさに競合は同業だけでなくクライアントや読者を脅威と考えなければなりません。今、実践すべきことは、アナログやデジタルの住み分け云々ではなく、いかに「リアルな場」「リアルな人の繋がり」をいかにつくりあげていくか!それは今まで築いてきたポジショニングは大いに活用すべきだと考えます。メディア周辺での主要事業は最適なものだと思っています。何かの目的を持ちながらも、また別の付加価値がそこで自分のものになれば、ある意味一つの満足感を得られる。そのリアルな場と人の深厚拡大こそが我々が得意とする戦術ではなかっただろうか?もっと言えば「ONE TO ONE」のカスタマイズされたサービスを提供できるのではないだろうか?それがメディアづくりの原点ではなかっただろうか?またその「リアルな場」「リアルな人の繋がり」を活用して、いかに次世代メディアにとシナジーを生むか!(アナログメディアやデジタルメディアという線引きされたメディアではなく)ということだと思います。
アナログVSデジタル


デジタル事業の収益構造が見えない、アナログメディアの売上や粗利がダウンしてきたなどと、ネガティブな要素は色々と各社おありだと思いますが、目先の広告営業や編集取材に追われ、置き去りにしているかもしれない「リアルな場」「リアルな人の繋がりの場」をもっと戦略的に創造できないか?それを実践し実現することによって、既存メディアの強さをもう一度、さらに引き出すことができるものだと考えています。そしてここに参加されている各社の知恵とコミュニケーションを結集させることによって、さらに力強いビジネスネットワークが実現できることを楽しみにしています。最後に、まずは「リアル」に「リアル」のことだけを考えてみませんか?何かの発見があります!
知恵とコミュニケーション
最後に今回のこの機会は皆さんのスキルを高める目的もございますが、ここに集まった今後の各社を担うメンバーがこの機会に、それぞれが強く繋がることは大事なことだと考えています。各社のベクトルや戦略戦術、また各社の風土や体質の違いは、できる限りの範囲でよく理解しているつもりでございます。その上で、今回ご参加いただいた方々にご提案があります。新しいことを始める時、新しいメンバーと、新しいステージで、事業戦略を組み立て、事業計画を推進する、そして会社設立?その時の立ち上げメンバーを募る想いでこの2日間の「場と時間」を意識的にリアルに過ごしていただければ、ネットワークビジネスの力強い基盤となるものが、この場で生まれるのではないかと思っています。語弊がありますが、あえて理を入れておきますと、皆さんにはご理解していただいていると思いますが、会社をつくれと進めているわけでなく、会社をつくるほどのリアルな気持ちで、せめてこの2日間は、それぐらいの強い意識をもって、ここに集まっている仲間とコミュニケーションして欲しいということです。繰り返しになりますが、この二日間は「矜持を意識して、みんなで点線面をイメージして、事業の可能性をリアルに拡げるための「ヒントと絆」を発見していただきたいと思っています。何よりもまずは皆さん、会社にいる時よりはハッピーに今日明日の研修の時間をお過ごしください。

LNW5.jpgネットワーク
スポンサーサイト



category: 和歌山リビング新聞社

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ldash.blog.fc2.com/tb.php/11-e6876d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード