FC2ブログ

コミュニケーションを デザインする。

 

業界セミナー【講演:グローカルなプラットフォームでメディアづくりを考える。】 

グローカルなプラットフォームでメディアづくりを考える。

グローカル1


“Think Globally, Act Locally”図1

「グローカルなブラットフォームでメディアづくりを考える」。
というテーマで今回はお話をさせていただきます。 (※グローカルとは:地球規模でものごとを考え、身近でやれることから行動する)。ということです。 私的な視点として、グローカルな観点で、 しかもひとつの切り口として、様々な戦略を模索することにおいては適切な考え方だと思っています。
弊社は、「和歌山」エリアで、地域に密着しながら、 情報提供事業を通じて、地域に貢献するというスタンスをもちながら「和歌山リビング新聞社」として、いろいろなコンテンツ事業を展開しています。 いつも言っていることがあります。 戦略は「ヒトモノコト、すべてを点・線・面で結ぶ」ということを前提に考え、行動しよう、ということを社員全員で共有しています。
それらを前提に、「グローカル」な観点から自社事業を説明させていただくと、 弊社は新聞や雑誌発行以外に業際事業としてカルチャー教室の運営を展開しています。 これはリビング新聞ネットワーク、北は仙台から南は鹿児島まで、 和歌山と同様に全国各ネットワークエリアでカルチャー事業が営まれています。
点線面の戦略で実例をあげますと、 ネットワークエリアの各カルチャー教室のコンテンツをひとつにまとめて、 地域独特の、しかもテーマ別に、カテゴライズされた地域のコンテンツを集約することによって、 結果的にポータル的なカルチャー教室のウェブメディアをつくることができるよね。ということで、 カルチャーの、いわゆる「学びのプラットフォーム」を創り上げることができました。 合わせてグローバルにカルチャー事業を展開している企業と、 グローバルに通信事業をしている企業との接点をつくり、 事業戦略の基盤であるインフラができあがりました。 それに合わせて点線面の考え方の一環ですが、そのグローバル企業と、 我々ローカルコンテンツももった和歌山リビング新聞社とリビングネットワークでローカルのコンテンツを組み上げ、 カルチャーのポータルサイトを運営する合弁会社を東京に本社をおき設立することができました。 もとはと言えばローカルコンテンツの積み上げから発想した事業でが、ポータル的なサイト戦略はグローバルに考え、また収益構造をつくりあげるためのコンテンツとその戦術はローカルのアクションを基盤に、というフレームで、まさしく「グローカル」から生れたビジネススキームをつくりあげることができました。 また私は、この東京に本社を置くソーシャルカルチャーネットワーク㈱の代表も務めているわけですが、東京での講演やシンポジウム、会議・会合では、何故、「和歌山」西田さんが?とか、何故、和歌山リビング新聞社の西田さんが東京本社の会社を? とかいう疑問が皆さんから投げかけられます。 そういう時に、「グローバルに考え、ローカルでアクションする」と言った意味のことを申し上げるようにしています。



“Think Globally, Act Locally”

これからの事業戦略は「グローカル」をキーワードに模索することがひとつの大きな考え方だと思っています。 またグローカルな考えで、いわゆる「人が集まるプラットフォーム」を創り上げ、 いろいろある懸案のビジネスモデルをどんどん拡大・発展させていきたいと思っています。 (※人がつくり上げているプラットフォーム(パーソナルなプラットフォーム) ※パーソナルなプラットフォームをもった人々が集うプラットフォーム(ソーシャルプラットフォーム) と言う風にプラットフォームを私なりに戦略的に捉え「ヒトモノコトを点線面に繋げていく)、今回のテーマである「グローカルなプラットフォームでメディアづくりを考える」というテーマをリアルなこの場でご理解していただければと思います。

グローカルなプラットフォームでメディアづくりを考える。というテーマの前に弊社の事業全般は「Lブランディング」のプラットフォームでグローカルな考え方でブランディングを推進しています。「Lブランディング」のフォームが示す通りでございます。メディアを通じて生活者との「場」づくりを展開し、メディアをコミュニケーションのツールとして捉えるならば、日々変化するコミュニケーションをデザインし続けることは、我々が今後、継続的に解決していかなければならない課題でもあります。

図2

図3



インターネットメディアの変遷
デバイスの変化


インターネットメディアからSNS(social networking service)へ、メディアのカタチも進化し、 情報と情報、情報と人、人と人を最適につなぐミッションをもつことでソーシャルネットワーキングサイトが存在します。 そこでメディアのポジションを確認しておくと、「マスメディア」の特性は、 情報発信者と情報受信者が明確に分かれていて、不特定多数に対して均一な情報を届ける。 また情報発信はプロの仕事として位置づけられ、情報は単一方向で発信されます。また「ソーシャルメディア」はマスメディアの特性とかなり違って、誰もが情報発信者になりえ、ユーザー同士がつながりやすい仕掛けがあり、双方向型のコミュニケーションが可能です。また、ユーザーが情報を交流させることによって新しい情報価値を生み出すことが特徴です。次世代メディア・マーケティングとして、これからのメディアづくりに必要な視点を考えると、ポイントとしてユーザーのコミュニケーション(交流)をベースにしたボトムアップ型のメディアデザインが考えられます。CGM(Consumer Generated Media)・UGC(User Generated Content)私などの見解ではハイパーローカル戦略とはまだ言い切れませんが、それに近いローカル戦略が、今後「アナログ・デジタル」メディアがクロスするように、中心的なメディアの考え方にシフトしていくのではと考えています。SNSをグローバルからローカルに顔の見える地域社会と融合させる。ことを課題として考えています。ここで過去にさかのぼって簡単に整理しておくと、2009年にソーシャルメディアの概念が出来上がりました。CGM(Consumer Generated Media)UGC(User Generated Content)要するに読者(生活者・ユーザー)が投稿することによって、タイムリーでリアルな情報が積み重なり、またその情報がテーマ別・カテゴリー別に分類され、そしてコンテンツができあがり、さらにローカルで、またそのコンテンツの積み重ねでメディアが生成されます。またその逆もあり得て、メディアのコンテンツが分解されて、また新たなコンテンツメディアが出来上がるというものです。まさしくインターネットメディアが社会に深く入り込んだ後の、WEB2.0やWEB3.0がメディアの様相を変えたことは、デジタルメディアの大きな転換期であったと考えます。2010年ツイッター・2011年フェイスブック・ミクシー 等々。インターネットメディアからSNSへメディアのカタチも進化し、ますますこれからICT(Information and Communication Technology)の発展でメディアとデバイスは予測できない変容を見せられることを、われわれは覚悟しておかなければならいないと考えています。

図6



SNSの可能性はまだまだ拡がる。

ソーシャルメディアとしてもいろいろなスタイルがありまして、評価や推奨などが行われるクチコミサイト(価格コム・食べログ)、特定の興味関心事項例えば料理などを共有するサイト(クックパッド)、Q&Aコミュニティサイト(ヤフー知恵袋・教えて!goo)。動画コミュニティサイト(ユーチューブ・ニコニコ動画・ユーストリーム)、友人と友人がつながるコミュニケーションプラットフォーム(ツイッター・ミクシー・フェイスブック)など様々なソーシャルメディアが存在します。特に今後何らかのカタチで取り組みたい地域型SNSはe-コミュニティ形成支援事業に採択された行政主導型の「地域SNS」として注目はあるものの、まだまだ模索する時間が必要だと思います。次世代メディア・マーケティングとして、これからのメディアづくりに必要な視点を考えると、ポイントとしてさきほどもお話しましたが、次世代型の「地域メディアの構築」は今後の大きな課題であると思っています。そこでやはり機能効率面から考えるとSNSなどのプラットフォームの機能は効率的です。①マッチング機能:プラットフォーム上で複数のグループの、需要と供給をマッチングさせる機能。過去の購買履歴に基づくリ、コメンデーションもマッチング機能の一種。②コスト削減機能:供給側が単独で実装するよりも低コストで、さまざまな機能を持つことが出来る。需要側にも供給側に対する、個別の手続きを行う手間が省けるメリットがある。③ブランディング機能:一定のブランド力(実績・安心感)のあるプラットフォームに参加することによって、ユーザーへの訴求力が増す。供給側に集まってもらうためにも、強いブランディング機能が必要。ブランド維持には一定のクオリティ水準が必要。④外部ネットワーク機能:利用者が増えれば、そのサービスや製品を利用する人たち、全体の利益と利便性が、向上していく仕組み(ネットワークの外部性)SNSが急激に伸びているのは、外部ネットワーク機能によるもの。⑤三角プリズム機能:直接は引き合わないが、第三のグループを介在させることによって交流が生まれる機能。

図15



ソーシャルメディアの影響力

広告と読者は直接引き合う関係ではなく、記事を介在して読者に広告を結びつけています。社会生活・人間関係・ビジネス・趣味・個人のあり方などに対する影響、それによる社会生活・人間関係・ビジネス・趣味・そして生き方などの環境変化、生活者そのものがメディア(SNS等)で情報発信をしながら、イベント・セミナーなどを開催できることが日常のものとなってきました。生活者=プロデューサー。その視点でグローバルとローカル、もっと言えばグローバルメディアとローカルメディアの関係性、ローカルメディアとして、生活者がプデューサーになることの危機感や社会的影響(※決して否定するものでなく、ポジティブに、情報リテラシーの視点から)はいかようなものかと考える必要があると思います。決してそのような環境を否定するものではありませんし、逆に地域社会が地域の人々により活性化されることは、これほど好ましいことはありません。あえて、われわれがそれらの状況を的確に捉え、生活者とアライアンスしていくことが大事であると考えています。メディアの視点から見ると、生活者をプデューサーとして捉えるならば、SNS×地域メディアのポテンシャルは非常に高いものがあるように思います。このようなCGMやUGCは井戸端会議型メディア・みんながメディア・地域SNSの構築に導くことができ、地域と地域、デジタルメディアとアナログメディア、街と村、F1層(ヤング)とF3層(シニア)をITでつなぎ新しい価値創造ができあがります。再度申し上げますが、これからのメディアづくりにとって重要な視点は、生活者参加型でボトムアップスタイルによってコミュニケーションをデザインする。メディアを構築する。ある意味、次世代メディアの構築やWEBマーケティングに特に必要な考え方だと思います。

図16


(BtoBwithCtoC(CtoC)。 Bは一般企業ですね。一般企業の中にはわれわれも含まれています。例えばどこそこの会社と和歌山リビング新聞社という、要するに和歌山リビング新聞社の顧客という言い方で結構だと思います。その顧客Bに対してtoB、要するに和歌山リビング新聞社としてどのようなサービスが提供できるか。ですが、BtoBで完結していますと、マーケティングの中では落とし穴があります。で、withC、われわれリビング新聞の読者、生活者がいます。withCという考え方の中で、生活者のニーズやシーズを探りながらwithBの関係をつくっていく。これはメディアを発行しているポジショニングがとして、それをかっこで閉じ、かっこで閉じた中で作った情報をtoCに提供します。要は生活者(読者)に投げます。生活者はその情報を、かっこの中にあるCtoCとありますけれど、読者と読者、生活者と生活者同士、こんな情報が載っていたけれどどうなんよ」とかいう話ですね。その情報が共有され拡散されていく。というSNSのメディアがつくった独特の環境です。それらのことを想定しながらしかも常々意識しながら情報発信していくということが重要で、われわれはそれを実践していることをお伝えしておきます。ソーシャルメディアの影響力が生活の中に浸透し少なからずコミュニケーションのカタチが変わってきたように思います。①影響力のベクトルが変わった。影響力を及ぼす方向性が、一方通行から「双方向」に変わった。※いくつかのベクトルが同時に存在するようになった。トップダウンの影響力からボトムアップの影響力へ。 ②影響力のスピードが変わった。影響とは連鎖的な力学を持つものなので、人を動かすパワーを持つ情報が拡散していくと、拡がれば拡がるほどさらにスピードアップしていく。情報が拡がるスピードのみならず、影響力が世に放たれるまでのスピードも飛躍的に向上した。 ③影響力の範囲が変わった。世界中の人々が互いにつながりダイナミックな環境が生まれた。情報が氾濫することによって「自分に関係があるかどうか」と言う視点が大事になった。影響範囲が複雑化した。というようなことが具体的な例であるように思います。アナログメディアではないエレメントをもったデジタルメディアを実感することができます。デジタルのポテンシャル恐るべし。(※アナログメディアのポテンシャルは逆にデジタルメディアのポテンシャルを掛け合わすことで大きく引き出すことができると思っています)。

図17



再び。"Think Globally, Act Locally“


インターネットは世界を狭くしてくれました。「世の中を動かす」や「世の中が動いた」とは、「人を動かす、人が動いた」ということです。時代は大きく変化しています。メディアやデバイスの多様化によって、消費者の価値観やライフスタイルが変容しています。ソーシャルメディアの浸透波及による情報が爆発的に氾濫しているような状態です。また従来の情報はマスコンテクスト、マスメディアから消費者へ伝達されてきました。(※コンテクスト:ヒトモノコトの文脈や背景)。ある意味「暗黙の了解、一を聞いて十を知る」という前提が成り立つ日本人のコミュニケーションスタイルは、ハイコンテクストそのものであるように思います。しかし現在、いろいろなところで発信されている情報は、ソーシャルメディアを通じて「横」に拡散共有され、時にはマスメディアに逆流することもあります。上から下への「上意下達的構造」から「みんなが生みだす」かたちへ変わりつつあります。メディアが多様化する中、新しい時代への影響力―「世の中を動かす」新しいチカラを模索する必要があると考えています。まずはあらゆるメディアを駆使しながら、いわゆるクロスメディアを戦略的に構築することが重要です。それをベースに「ソーシャルインフルエンス」の概念をフルに活用することが効果的であると考えています。(※インフルエンサー:人々の消費行動に影響を与える人物のことを指します)。戦略PR×ソーシャルメディアの設計図で言う「自分ゴト化」×「仲間ゴト化」×「世の中ゴト化」を進め「人を動かし、話題を起こし、世の中を動かす」次世代型のコミュニケーションのカタチが今後、コミュニケーションを考える上で重要なロジックであると思います。

SNS時代のグローカル戦略

グローカルな視点からコミュニティを考える。
パーソナルなプラットフォームで面白いのは、「自分(自社)」にはとくに魅力的なサービスがなくても、魅力的なメンバーを集めることができれば、その場(いわゆるパーソナルなプラットフォームやソーシャルプラットフォーム)もますます魅力的なものになっていくという点が機能的でかつ効率的です。


グローカルな視点から
ソーシャルメディアとコミュニティメディアを考える。
種種雑多な情報は価値のない情報なのだろうか。種種雑多な情報を運ぶ器・発信する器としてのメディアのあり方を問い直す時が到来しているのではと思います。それらをぶどうの房(クラスタの概念)のように、ひとつひとつを整合的に形作ることが迫られています。その核となすものは地域SNSというポジショニングかもしれない。 と考えています。

図19


情報のインフラづくり
メディアやコミュニティの視点でグローバルとローカルを考えてみたいと思います。まずグローバルにおいてはインターネットメディアやマスメディアが大きな情報化社会を創り上げてきました。その一方、ローカルでは、その多様化するメディアのうねりの中で、デジタルメディアやアナログメディア、またフリーミアムのトレンドではフリーメディアのあり方やサービスなどを問い直す時期が来ているのではと感じています。情報がますます雑多に氾濫し、逆にそれを見極める力も必要になってきています。俗に言うITリテラシー・メディアリタラシー・情報リテラシーを制度化したカタチで健全に浸透させる必要があるように思います。またメディア側からはその種種雑多な情報を整理し、生活者の視点にたった情報の加工技術やインフラづくりが重要になってきました。


Lブランディング

基本戦略として「L]ブランディング戦略は、ステークホルダーにベクトルを定めています。またプラットフォーム戦略として「点・線・面」「ヒト・モノ・コト」の戦略的なモチベーションを各々がもって事業を遂行すべきと考えています。新たな挑戦として、コアコンピタンスを最大限に活用しながら、生活者がもつ社会問題の解決とそれを通じてマーケットを創造するCSR戦略を積極的に実施しなければなりません。メディアとその周辺機能を駆使しコミュニケーションをデザインし生活者に有益な情報を発信していきます。

図20

図21



L´ブランディング


地域の情報インフラをつくる。(※地域密着型のSNSが急増)ICT(Information and Communication Technology)を活用し地域社会の「人のつながり」をつくり強化することで、地域社会の活性化を目指す「地域SNS(※ソーシャルネットワーキングサイト,:Social Networking Site)」)。地域SNSなどをひとつのクラスタ(※クラスタ(cluster)」:房)。そこから、数百、数千、数万など、「たくさんの数の集まり」という意味で使われると見立て、クラスタ同士がゆるくつながることでネットワークができるというイメージです。
図22まさしく「ヒトモノコト」を「点線面」への戦略が、プラットフォーム戦略と融合させることがある意味クラスター戦略とも呼べるものだと考えます。2012年度から弊社はLブランディングから「L´ブランディング」へと次世代のための次世代メディアを創出するために「変化」に果敢に挑戦するという変わることの重要性を唱えています。「L]ブランディング戦略は、基本戦略をもとに具体的に3つの方向性を導いています。第一は「ITを通じて地域の次世代をデザインする。」次世代型L´(dash)Brandingを実現するために個々のパーソナルプラットフォームを集約したL´(dash)のPratformを戦略的に構築する。さらに Lメディアを基盤にしたクロスメディア戦略を実現させ、新しい仕組みと新しい仕掛けを創出する。L´(dash)Brandingは新しい収益構造を生むものです。第二は「情報提供を通じて生活者と共栄。」主要3媒体の各々のポジショニングを再確認し、(BtoBwithC)toC(CtoC)の視点で、発展的に新たなターゲティングと新たなコンテンツを開発する。また、SNSなどメディアの変化を敏感に捉え、常に、クライアントと生活者を意識したコミュニケーションツールとしてのメディアを創り上げる。第三は「地域貢献を通じて生涯価値を高め共有する。」CSR(企業の社会的責任)に基づいた社会貢献事業のプラットフォームとして、一般財団法人リビングソーシャルプロジェクトの運営を推進する。さらに日本宇宙少年団や大人大学の実施に加えて、生活者の有益性を目的とする持続可能な活動と、産官学と連携した社会貢献ビジネスを具現化する。要は、次世代事業を実現するために、[L].Brandingを基盤に戦略的な「L´(dash)Branding」を構築するが重要事項です。まずは①ITを通じて地域の次世代をデザインする。②情報提供を通じて生活者と共栄する。③地域貢献を通じて生涯価値を高め共有する。
というところを基盤にこれからの「戦略」が始まります。

図23


インターネットメディアやSNSが氾濫するメディアの多様化の時代に、フリーメディアという特異なポジショニングで、ある一定のスタンスから情報を提供し続けるといことについて、一度立ち止まって熟考してみる時期かと考えています。有料紙は読者が選ぶもの、フリーペーパーは読者を選ぶもの。「値段があるから価値がある」。また「無料で配られるものに価値がない」。という価値観は的はずれでございます。価格が価値を表すというブランド思考は今の時代にはそぐわないと考えています。フリーペーパーに対してよくある考え方でありますが、「読者の購読料によって得るべき収入を広告に依存している」という捉え方は的確ではありません。有料紙も無料紙も同じものを売っている。ということです。メディアは読者が読む為の記事を提供し、その引き換えに読者から読む為の時間を引き換えにいただく。その読者から得た時間をクライアントに広告として売っているという考え方。読者の信頼と時間をもらえなければクライアントに売るものなど何もありません。という古典的な標準を冒頭において今日いろいろなことをいろいろな観点からお話させていただきましたが、もう一度、私自身も慎重に今後の戦略を熟考したいと思っています。めまぐるしく変化する時代、変化を恐れない勇気をもって事業に取り組んでいきたいと考えています。できれば皆さんと共に、次世代のための次世代メディアを創出する機会を一緒にもつことができればと祈っています。

IMG_3409_small.jpg

図24
スポンサーサイト



category: 和歌山リビング新聞社

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ldash.blog.fc2.com/tb.php/4-05940310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード